言葉じりから想像してしまう

1/6(木) 前半は1人、後半は数人とまったりしておりました。
同業他店に飲みに行く事は少なくないのだが、話のネタにしてしまう事が多すぎると言われた。
その時、慌てて弁解じみた説明を始めてしまったが、後で引きずることになる。
爺さんになっても何となく自身のイメージを良くしたいと思っていたのだろう。
今でもお客様と何を話すか迷いながら探り探りの状態のヘタレなのだが、
ダメだしされてヘラヘラしている自分に怒りすら感じなくなったら終わりだなとも思う。
昔はいろんなことに怒っていた。直ぐにカッとなっていた。表には出していなかったが。
大人になり消化できるようになったが、日々の生活に面白みがなくなっていった。
人生の後半戦にきてるのに当たり障りのない人でよかったのだろうか。
他人に惑わされずに周りと上手くってあるのかな。忖度しすぎて真っ白になりたくないな。

タイトルとURLをコピーしました